みなさまご存知の通り情報処理技術者試験のセキュリティ分野で大きな変更がありました。情報セキュリティ試験(SC試験)がなくなり、新たに2つのセキュリティ試験が追加されます。SC試験が廃止されることは残念ですが、制度変更を見る限りセキュリティの役割は益々重要になってきているようです。

>> 続きを読む

, ,

セキュリティスペシャリストに合格したら、きっと次の分野を受けるモチベーションが上がってるはず。セキュリティスペシャリスト試験に関連度が高い試験としては、「ネットワークスペシャリスト」と「システム監査技術者」がある。

ネットワークスペシャリスト

ネットワークスペシャリストについては、セキュリティスペシャリスト試験の技術分野をより広く深くしたものある。過去問を見てみると、ネットワークとセキュリティで似たような問題が出題されているケースもある。これはセキュリティを語る上では、ネットワークセキュリティの分野も欠かせないためであると思われる。具体的には、暗号化やファイヤウォール、SSL,VPN,DNSなどは定番となっている。

システム監査技術者

システム監査技術者については、セキュリティのマネージメント分野と重なるところがある。23年度特別試験の午後2の後半ではシステム監査の分野が出題されている。ただ、システム監査の試験は、午後2が論文試験となり論文を書くための対策や実務経験が乏しい場合は論文の題材を過去の試験から読み込む必要があり、その点で難易度は高い。

暗号技術に興味をもつ

情報セキュリティスペシャリスト試験に少しでも興味を持った人なら、この本を読んでモチベーションがあがるはず。現代の暗号が成り立っている要素を興味深く説明してくれている。暗号技術に対してその目的と「防げること」「防げないこと」が順序よく説明されている。アマゾンでの評価も高く間違いのない一冊。この本を読めば、暗号について深い理解が得られるはず。

試験問題への対策

■午前2の対策
4択形式の問題が72問ある。これでほぼ情報セキュリティスペシャリスト試験の午前2は網羅的に学習できる。

■午後1、午後2の対策
過去問とオリジナル問題が21問ある。分野別に分かれているので、自分が本番で回答しようと考えている分野を効果的に学習できる。解説も詳しく自分の理解が浅いと思った分野はテキストで補いやすい作りになっていた。

問題集はいろいろな種類がでているが、中でも一番よかったのが上記の教科書と問題集の2冊。とにかく解説がくわしく読んで理解しやすいのと、問題を解くときに辞書的な使い方ができる点がよかった。また、問題集の「穴埋め問題」を繰り返し解くとなかなか頭に残ってよかった。

基本情報処理技術者、応用処理技術者試験とくらべる

 

試験 年齢 合格率 合格人数
基本情報処理 26.2歳 22.2% 14,489人
応用情報処理 29.2歳 20.3% 8,592人
情報セキュリティ 35.6歳 15.3% 3,045人

情報セキュリティスペシャリストを受験しようと考えている人の中には、基本情報処理試験や応用処理技術者試験に合格してない人もいると思います。情報セキュリティスペシャリストは高度試験と位置づけられていて、この試験に合格すると就職や転職の際に評価されたり、他の資格試験の一部試験が免除になったりします。やはり高度試験の区分かどうかは気になるところです。

情報セキュリティスペシャリスト試験は年2回のチャンス

高度情報処理試験の中で唯一、年2回受けることができます。これは大きなメリットで、仮に試験に落ちても半年後に再度チャレンジできる。他の試験の場合はもう一年待たないといけない。モチベーションの維持にもかなり影響します。

午後2が論文でない

高度試験は全部で9つありますが、その内5つは論文試験を通らなければいけません。論文試験の場合は、文章を書くスキルや、実務経験がある人が有利だと思われます。セキュリティ、ネットワーク、データベース、エンデベッドは総合問題で、こちらも2時間で10ページは読まないといけないので相当な読解力が必要になりますが、午後1の延長として学習することができそうです。

■午後2が小論文形式
プロジェクトマネージャ試験(PM)
システム監査技術者試験(AU)
ITストラテジスト試験(ST)
システムアーキテクト試験(SA)
ITサービスマネージャ試験(SM)

■午後2が総合問題
データベーススペシャリスト試験(DB)
エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES)
情報セキュリティスペシャリスト試験(SC)
ネットワークスペシャリスト試験(NW)

情報セキュリティスペシャリスト試験の統計情報から午前・午後の各試験の合格率を計算すると下のようになる。受験者の半数が午前1が免除になっている。午前1の合格率は約60%と微妙なラインになっている。午前1の出題範囲は広いので、対策は結構大変かも。ただ、午前1試験は一度基準点を満たせば2年間は免除される。(IPAの試験要綱参照)

>> 続きを読む

,