このエントリーをはてなブックマークに追加

SYN Flood攻撃は業界では、ピンポンダッシュと呼ばれている。玄関のベルをならし、相手が応答してもベルをならしたやつは反応しない。SYN Flood攻撃を理解するには、TCPのコネクション確立の手続きを理解しなければいけない。

TCPのコネクションの確立

TCPで接続するには下の3ステップで接続する。

1,接続しますよ
2,してください
3,了解です

攻撃の方法

SYN Flood攻撃は、TCPのコネクションの確立で最後のACKを返さないで大量にSYNパケットを送り続ける。送り続けると,ACKを待っている状態が続き、SYNパケットが大量に送信されると意外にもサーバに相当な負荷をもたらすことになる。

関連記事

  1. SYN Flood攻撃とは