このエントリーをはてなブックマークに追加

VLANとはVIrtual LANのことで、仮想的なLANのこと。VLANを利用する理由は、ブロードキャストによって通信の効率が下がらないようにするためです。

1, ポートVLAN

最も一般的なVLAN。スイッチポートを分割して仮想的なスイッチを定義する。L2スイッチでは単純にポートを分割するだけですが、L3スイッチの場合VLAN間のルーティングができる。

2, タグVLAN

スイッチをまたいで、VLANを作ることができます。タグVLANでは、VLAN IDをVLANタグとしてパケットに付加して管理します。このタグ情報を判別してどのVLANなのかを判定します。

関連記事

  1. 改竄となりすましと否認の違い
  2. VLANの種類
  3. googleでのDomainKeysの話