L2スイッチはMACアドレスとポートを関連づける。L3スイッチはIPアドレスもポートと関連づけされる。なので、L3スイッチはスイッチというようり、ルータのイメージ。ルータにポートがたくさんついているのがL3スイッチ。

L2スイッチとは

スイッチは通信したい相手がどのポートにつながっているかを記憶してパケットを転送する。L2スイッチの場合、どのポートにどのPCがつながっているかはMACアドレスによって管理されている。MACアドレスは、OSI参照モデルの第2層(物理層)で扱われるので、レイヤ2スイッチと呼ばれる。スイッチにLANケーブル接続すると、接続先のPCのMACアドレスと接続されたPCポートを関連づけて記憶する。

L3スイッチとは

L3スイッチは、L2スイッチの機能に加えてIPアドレスを用いたルーティングができる。OSI参照モデルの第3層はネットワーク層でIPアドレスを扱うことができる。ルーティングやVLANの知識がないとL3スイッチの理解は難しい。
例えば、L3スイッチのポートを分割してローカル用のVLANとグローバル用のVALANに分割する。L3スイッチでは、このローカル用のVLANの出口をグローバルのVLANのIPアドレスに指定することができる。つまりルーティングができる。しかし、L2ではできない。

L3スイッチとルータの違いは?

ルータは「異なるネットワークを接続する機能」をもっている。しかし、L3もルーティングができる。結局、L3スイッチとルータは機能的にはほとんど同じといってよい。しかし、細かい部分で違いがる。

■L3スイッチ
・イーサネットのポートの数が多い
・ルーティングをハードウェアで処理している
・高速に処理できる
■ルータ
・ルーティングをソフトウェアで処理している
・イーサネット以外の回線に対応しているものが多い
・様々なプロトコルに対応できる

ルータとL3スイッチはルーティングの機能をもっていると言う点で、それほど違いはない。
上に書いたような違いで、例えば家に光回線を引いている場合は、L3スイッチには光回線用のモジュールがなければ、光回線を接続できるルータを利用するし、イーサネットのポートを大量に必要とする場合はL3スイッチを利用して、ルーティングを行ったりする。

関連記事

  1. L2スイッチ, L3スイッチ, ルータの違い
  2. MACアドレスの構造とは
  3. SSL証明書の作り方(3ステップ Rapid SSL編)