このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさまご存知の通り情報処理技術者試験のセキュリティ分野で大きな変更がありました。情報セキュリティ試験(SC試験)がなくなり、新たに2つのセキュリティ試験が追加されます。SC試験が廃止されることは残念ですが、制度変更を見る限りセキュリティの役割は益々重要になってきているようです。

schedule

「情報セキュリティマネジメント試験(SG試験)」について

2016年4月に1回目の「情報セキュリティマネジメント試験」が実施されました。
SG試験は午前の選択式(1.5時間)と午後の選択式(1.5時間)の形式で、出題内容はSC試験と比較すると技術よりではなくマネジメントよりの内容となっているようです。(試験名の通り)
公開されている統計情報を見ると、受験層の年齢、合格率ともに他の試験よりも高くなっています。

統計情報

どうやら今回は情報セキュリティ業務従事者で経験の長い人が受験したため、年齢、合格率ともに高くなったと予想されます。

SG試験の位置づけはITパスポート試験と同系列であるため、ITパスポート試験合格者が次に目指しやすい試験であり、SC試験の技術分野を敬遠して受験してこなかった層もチャレンジしやすい試験であると思います。なので、今後は若い層の受験者が増え、受験者の平均年齢や合格率も低下していくのではないかと思います。今までセキュリティに関心を持ちにくかった層に、セキュリティを意識させることができればSG試験としては成功ではないでしょうか。

「情報処理安全支援士試験」の概要は?

「情報処理安全確保支援士制度」は専門的な知識・技能を有する専門人材を登録・公表する制度だそうです。現時点では制度の詳細は正式には決定されていないようですが、概ね以下のようなことが書かれています。(2016年10月末に決定予定)

  • 「情報処理安全確保支援試験」に合格すると登録簿に登録可能となる。(登録してもしなくても良い)
  • SC試験、情報セキュリティアドミニストレータ試験[SU]、テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験の合格者も登録簿に登録可能。
  • 登録する場合は、国が定める講習を定期的に受ける必要がある。
  • 登録すると「情報処理安全確保支援士」と名のれる。

下記の資料に「情報処理安全確保支援士」の今後の活用について記載があります。例えば、「情報処理安全確保支援士等の実践的な能力を有する人材の配置の義務化」や「企業等が保有する有資格者数等の情報公開の推進」も検討対象となっているようです。

IPAの検討資料

上記のようなことが実現すれば今までの単なる「情報セキュリティスペシャリスト試験」合格者ではなく、セキュリティ専門家として社会的地位が高まるでしょう!

関連記事

  1. 情報セキュリティスペシャリスト試験の合格率
  2. 情報セキュリティスペシャリストの難易度はどれくらい?
  3. 情報セキュリティスペシャリストの勉強方法
  4. 合格した後に受ける試験は?
  5. 「情報処理安全支援士試験」と「情報セキュリティマネジメント試験」