このエントリーをはてなブックマークに追加

セキュリティスペシャリストに合格したら、きっと次の分野を受けるモチベーションが上がってるはず。セキュリティスペシャリスト試験に関連度が高い試験としては、「ネットワークスペシャリスト」と「システム監査技術者」がある。

ネットワークスペシャリスト

ネットワークスペシャリストについては、セキュリティスペシャリスト試験の技術分野をより広く深くしたものある。過去問を見てみると、ネットワークとセキュリティで似たような問題が出題されているケースもある。これはセキュリティを語る上では、ネットワークセキュリティの分野も欠かせないためであると思われる。具体的には、暗号化やファイヤウォール、SSL,VPN,DNSなどは定番となっている。

システム監査技術者

システム監査技術者については、セキュリティのマネージメント分野と重なるところがある。23年度特別試験の午後2の後半ではシステム監査の分野が出題されている。ただ、システム監査の試験は、午後2が論文試験となり論文を書くための対策や実務経験が乏しい場合は論文の題材を過去の試験から読み込む必要があり、その点で難易度は高い。

関連記事

  1. 情報セキュリティスペシャリスト試験の合格率
  2. 情報セキュリティスペシャリストの難易度はどれくらい?
  3. 情報セキュリティスペシャリストの勉強方法
  4. 合格した後に受ける試験は?
  5. 「情報処理安全支援士試験」と「情報セキュリティマネジメント試験」