このエントリーをはてなブックマークに追加

DNSの役割

DNSはDomain Name Systemの略で、あるドメインがどのIPアドレスなのかを管理する仕組み。DNSを管理するサーバをDNSサーバや単にネームサーバと呼ぶ。DNSはインターネットを利用すると必ず利用する。例えば、http://www.yahoo.co.jp/にアクセスする際は、PCはネームサーバに問い合わせてサーバのIPアドレスを取得する。Yahooの場合は203.216.243.240が返ってくるので、ブラウザに直接入力しても確認できる。IPアドレスは覚えられないが、ドメインなら覚えられるという点でとても便利。

ドメインベース IPアドレスベース
http://www.yahoo.co.jp http://203.216.243.240/

DNSサーバが管理している情報

DNSサーバはドメインとIPアドレスを関連づけるゾーン情報をもっている。ゾーン情報はドメインベースで管理され、Aレコード、MXレコードなどのレコードと呼ばれる項目でWebサーバやメールサーバを管理している。

$TTL 86400 ← キャッシュさせておく時間
@ IN SOA example.com. root.example.com.(
2004031901 ; Serial
28800 ; Refresh
14400 ; Retry
3600000 ; Expire
86400 ) ; Minimum
IN NS exapmle.com.
IN MX 10 example.com.  ← メールサーバーのプライベートIPアドレス
@ IN A XXX.XXX.XXX.XXX ← サーバーのプライベートIPアドレス
sample IN A XXX.XXX.XXX.XXX ← サーバーのプライベートIPアドレス

上記の例ではsample.example.comはXXX.XXXX.XXXX.XXXのIPアドレスと対応づけられている。

関連記事

  1. DNSキャッシュポイゾニング
  2. DNSリフレクション
  3. DNSの仕組み